Flowery Wedding Produce

Flowery Wedding Produce

The Flower Story

“花から、ふたりの結婚式は始まる”

るところに、結婚は決まったけれど結婚式を行えないふたりがいました。

それでも彼は、一生愛することを誓いたい、
だから誓いのためにブーケを贈ることにしたのです。

ふたりが入籍する日。
彼は、彼女を思い浮かべ、花を一輪一輪選びます。
不器用だけど一生懸命、花を束ねます。
彼女に誓いたい、その一心で。

フリープランナー フラワーデザイナー

つもの場所で彼を待つ彼女。
「早く会いたい」愛おしさを感じながら。

花 結婚式 プランナー

オリジナルウェディング フリープランナー KURUMIると、名前を呼ぶ彼の声。
振り向くと、彼が肩を上下に揺らし、ブーケを抱え立っていました。

彼は、息をきらせながら「永遠に愛しています」と
そのブーケを差し出し誓いました。
彼女は、笑顔も涙もいっぱいにしながら誓いました。
花束を受け取り「私も永遠に愛します」と。
それが、ふたりの最高に幸せな結婚式になりました。

フラワーデザイナー フリープランナー KURUMI

ふたりが世界一幸せだと思える結婚式

決まりなんて無いからゼロから始めよう

たりらしく、ふたりが一番幸せと感じられる結婚式” それは夢でも妄想でもなく必ず叶えられます。

オリジナルウェディング フリープランナー

は、ふたりの結婚式がわからなかったり、結婚式はしなくても良いんじゃないかと思っているかもしれません。でも、ふたりが世界一幸せだと思える結婚式はつくることができます。

ふたりが出会った奇跡、それぞれの人生の歩みがあったから今があり、ふたりで歩む未来が始まります。ふたりの人生のスタートだから、ふたりらしく世界一幸せだと思える結婚式をつくることは当たり前のことです。

フリープランナー KURUMI くるみ

けど、それを実現することは難しく、会場探しに悩んでいるふたりだったら、それを実感しているはずです。ウェディングプランナーKURUMIは、ふたりらしい結婚式を見つけ、ゼロからオーダーメイドでつくりあげます。

フリーランスウェディングプランナー KURUMI

花でつくるふたりの想いがこもった時間

々がふたりらしさをを表現し、花々がふたりの想いを伝えてくれる。花にはパワーがあります。“幸せをくれる華やぎ” “人の想いを伝える力”

オーダーメイドウェディング 

ランナーKURUMIは、花を見た瞬間の人の輝く笑顔、そして心から感動するシーンを見て来ました。結婚するふたりをもっと幸せにするためにフラワーデザイナーとして知識・技術・感性を高め、Flowery Wedding としてオーダーメイドの一日をつくるようになりました。

フラワーコーディネート 結婚式 KURUMI

でつくるウェディングは、ふたりらしい色彩で彩られ、ふたりらしく“ありがとう”を伝えられる。そして、最高の祝福と笑顔に包まれる時間は、世界一幸せな私たち”と実感できます

オーダーメイドウェディング フラワーコーディネート

KURUMIの結婚式のつくり方

  Draw Your Wedding Story

 ふたりだけのウェディングストーリーを描く

たりにお会いすることから結婚式のプロデュースは始まります。ふたりのお人柄は顔を合わせて、直接お話して、初めて感じられます。

ふたりらしい 結婚式 オリジナルれから、結婚式への想いを伺いますが、それ以上にふたりの生き方、お互いへの想い、ゲストへの考えを伺うことも大事です。ご家族、ご友人、大事な方々と繋がりながら歩んでこられたはず。そのひとつひとつの繋がりをベースにして、KURUMIはふたりのウエディングをつくります。

だから、ふたりのことをたくさんお聞かせください。その中で、ふたりもお互いに知らなかったことを知れたり、理解できたりする素敵なチャンスになります。

オリジナルウェディング フリープランナー

たりのことが理解できたら、結婚式の一日をストーリー仕立てで描いていきます。

式や披露宴で何をするかは大事ですが、それがふたりにとって意味が無ければ誰の心にも響きません。そして意味のあるタイミングで行い、時間が自然と流れる心地よさがあること。ふたりが主役の物語は “自然体でドラマチック” な一日として描かれます。

オリジナルウェディング フリープランナー

Wedding Story 実例オリジナルウェディング コンセプト

ストーリーメイク&会場についてもっと詳しく

* * * * *

オリジナルウェディング フリープランナー

 2 Flowers are Communicators

 花が想いを叶え、花がステージをつくる

こに3つのお話があります。

Lily Story ユリの物語

る新婦様はユリが大好き。そして恩師の方との想い出の花がカラーでした。どちらの花もブーケに入れたい!変かな?「大丈夫。素敵に作れますよ」と。

そして当日、ブライズルームにブーケを届けるため部屋に入った瞬間、新婦様は感動の声をあげて、感動してくださり涙を流していました。思わずKURUMIも一緒に涙していました。

ユリ 結婚式

Mother Story  お母様の物語

婦様からお母様へお手紙を。そこで新郎様のお母様にも向けたお手紙を読まれました。そして、新郎新婦のお母様にオールドローズのバラの花束を贈りました。そのバラは、両家のお母様が共通して育てているバラ。そんな偶然を大切にして、同じバラを贈られたのです。

両家のお母様は、その花束を押し花にして、お部屋にいつも近くで見られるようにと飾っているそうです。

花 結婚式

Embrace Story 花に包まれる物語

郎新婦からゲストへの想い “今まで支えとなってくれてありがとう。これからは恩返しをします”。だから感謝の気持ちを込めたお花でゲストを包みたかった。テーブルに装飾はせずに、テーブルを囲むようにダリアの花畑をつくりました。そしてゲストは新郎新婦と同じようにダリアの花を身に付けました。メインテーブルはつくらずに、ゲストと新郎新婦は同じテーブルを囲み、笑い合い、その時を楽しみました。

ゲストは、見たことのない空間に目を輝かせ、ふたりを近くで感じ、ダリアの意味を知りました。それは“感謝”。

オリジナルウェディング フリーランスウェディングプランナー

は特別な力があります。見てるだけでエネルギーをもらったり、幸せな人をもっとハッピーにする魔法のような力。

そんな花の幸せをたくさんの人に感じてもらうため、KURUMIはウェディングストーリーの中に花でアクセントを効かせます。

プランナーとフラワーデザイナーの2つの肩書を持つ人は、ほとんどいません。それらの肩書を持つことは、新郎新婦にとって、より強く幸せを感じていただけるメリットになります。

オリジナルウェディング フリープランナー

派手じゃなくても良い。ふたりの想いを印象的に花で表します。

コンセプトウェディング プランナー

フリープランナー オリジナルウェディングガーデンウェディング ナチュラル

あなたらしく輝くためにたったひとつのブーケを。

オーダーメイドブーケ KURUMI

フリーランスウェディングプランナー

* * * * *

邸宅ウェディング フリープランナー

 3 A Venue for You

 運命の会場を求めて

たりらしい結婚式のために、とても大切なのがどこの会場(ステージ)で行うかです。ふたりのウェディングストーリーにふさわしいステージを見つけなくてはなりません。

【Tさん&Hさんの場合】

かな自然が大好きなふたり。ホテルやゲストハウスのようにテーブルが所狭しと並んだり、自然が感じられない会場で行うことは、違和感を感じていました。ゲストにはリラックスできるパーティーの時間を過ごしてほしい。

ふたりの色々な話を伺い、ワイナリーが自然と思い浮かびました。ワインが好きで、自然とリラックスできる場所。そして、敷地内を自由に使えて、ふたりの好きなレイトショーや、靴を脱いでラグでくつろげるリラックススペース、キッズスペースも用意できる。自由なスタイルで、そして美味しいワインでもてなしが出来るとっておきのステージだと、ふたりもうなずきました。

オリジナルウェディング フラワーデザイナー

【Tさん&Sさんの場合】

たりは新潟のある町で入籍しました。都内出身のSさんはインターンで訪れたその町に惚れ込み、そして、Tさんとの運命の出会いにも結び付いた奇跡のステージなのです。

そして。ふたりが選んだのは、町にあるアート作品の中。渓谷をドラマチックに見ることができる観光スポットですが、そこで結婚式を行った前例はありません。

だけど、ふたりのステージはそこ以外に考えられなかったのです。そのような難しい場所であっても、ふたりの結婚式のためにゼロから進めていきました。

山 結婚式 プロデュース

【Yさん&Aさん】

会場のイメージがあるけど、どうしても出会えない!そんなジレンマの中にいたふたり。

挙式はお父様とバージンロードを歩くために厳かに、披露宴は、お友達とカジュアルでリラックスしたパーティーをしたいと考えていました。披露宴会場はひっそりと佇む本物の邸宅を貸し切り行うことにしましたが、やはり挙式は荘厳なチャペルを諦めきれずにいました。

そこで、さらにリサーチを重ね、ついにAさんがうっとりするような石とウッドのモダンなチャペルにたどり着くこと出来ました。

邸宅ウェディング

れらのストーリーは、会場に所属していないフリーランスだから、ふたりの想いを一番にプランニングできた結果です。常識にとらわれず、ゼロからリサーチし、前例のない場所でもつくりあげていく機動力があります。

完成した当日を迎えることは、新郎新婦にもゲストにも、新しいインパクトを与え、ふたりの人生に残り続ける時間になることは絶対です。どのような場所でも“ふたりと花”があれば、ウェディングステージにふさわしくなります

フリーランスとしてプランナーをする理由、それは、ふたりに自由な選択をしてほしいから。会場所属のプランナーには、時間、場所、人、アイテム等に制限がかかります。そんな業界にギモンを感じていたKURUMIは、フリーランスと言う道を選び、フラワーデザイナーと言うスキルを手に自由にウェディングをつくり、最大限の幸せを描いています。

PROFILE

Freelance Wedding Planner / Flower Designer KURUMI

都内ゲストハウス・レストランでオリジナルウェディングにこだわりプランニングを手掛けた後、国内最大手花屋の日比谷花壇でウェディングフラワーの商品企画やデザインに携わる。プランニングとデザイン両面でウェディングに10年間携わり「もっとふたりらしく自由で幸せなウェディングがしたい」と会場に所属しないフリーランスとしてLa natureを立ち上げFlowery Weddingをプロデュースをスタート。→MORE PROFILE

Massage 

結婚式は、ただの慣習やイベントではない!ふたりのあらゆる想いをめいっぱい込めてほしい!二人の本気の「ありがとう」「ごめん」「よろしく」色んな気持ちを届けよう!自分だけが経験してきた思いが必ずあるはずだから。

“ふたりらしく” = “ふたりの心” 

それを掘り出して、必ずカタチにします。

KURUMI

Consultation 相談会

La natureがどのように結婚式をつくっていくかのご説明や、ふたりのウェディングのイメージを具体的にカタチづくるためのご相談会を行っています。

>12月のスケジュール

8日(日)

15日(日)Wedding Showcase

21日(土)

28日(土)

その他、平日もご相談を承っております。お仕事帰りなどでも可能ですので、お気軽にContactよりお問合せください。

Contact

ウェディングプロデュースについて